2009年01月16日

マンスリーへの道

黒水伸一です。今日は、マンスリー企画をすることになった経緯を話すね。
シェイクスがライブ活動を再開して、以前とてもお世話になった元横浜ビブレの店長の小山さんの、今のお店である新横浜ベルズで初めてライブをしたとき('07年4月)、そのライブ直後、小山さんに「毎月やってくれ」と言われたんだ。でも、小山さんの気持ちは有り難かったけれど、そのときはまだオレにも余裕がなかったし、いろいろ事情もあるんで、何ヶ月かおきにベルズでライブやらせてもらうようになった。ベルズでライブをする度に小山さんは「毎月やれよ。オレが毎月観たいんだから」と言ってくれていた。

去年の秋に、2009年はどうするかと厚二と話したとき、バンドの雰囲気もいい感じでやれてきてたし、オレにも多少余裕が出てきたので、ふと「ベルズで毎月やってみるのもいいんじゃないかな」と言ったら、厚二が「お、いいじゃん。でも毎月やるなら、毎回テーマを立てて違うことをやろうぜ」と言って、でもオレとしては、それまでも毎回毎回ベストを尽くした違うライブをやってきたつもりだったから、特別に毎月テーマを決めなくてもいいんじゃないかとケンカになり、で、僕が負けて、「それじゃあ、いっちょやってみようか、こうちゃん」ということになったわけです(笑)。(次回へつづく)


posted by THE SHAKES at 00:00| FRIDAY ON MY MIND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。