2009年02月28日

Thanks for coming! 2

BLUES 'N' SOUL終了直後の楽屋にて。「だっ!」



posted by THE SHAKES at 00:00| JINGLE JANGLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

blues to you

明日、ベルズで。

posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

彼女はワンダーガール

宝石も色褪せるほど輝いて見える
哲学者にもわからない真理を持っている

そうさ彼女はまるで雨の中から火をおこす天使
「生きるっていつだって素敵な冒険」だと教えてくれる
愛しいワンダーガール

勝ちや負けや引き分けのゲームに縛られたりしない
大空翔るイーグルのよう高く羽ばたいて

そうさ彼女は決して振り返らない ためらったりしない
自由を吸い込んでどこまでも飛んでゆく 感じるままに
眩しいワンダーガール

たった一度のくちづけでみんな塗り替える
立ち込めた霧晴れるよう迷いも消えてゆく

そして彼女はいつもまつ毛の先で夜明けを夢見る
愛する全てが光に照らされる夜明けの夢を
切ないワンダーガール

バラのように裸のワンダーガール
キャンディよりSWEETなワンダーガール
トパーズみたいな瞳をしたワンダーガール
未来へ滑り込むワンダーガール
posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ワン・コードなの?

posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

BLUES 'N' SOULを前に

FRIDAY ON MY MINDの第2回目は、シェイクスのブルースや、ソウル、R&B的な部分を強調してお届けしちゃおうってことで、それにちなんで、最近よく聴いてるブルースっぽいの紹介するよ。

ジョニー・ジョンソンの「Johnnie B. Bad」というアルバムです。これはタイトルからもわかると思うが、チャック・ベリーのバックでピアノを弾いてた人のソロアルバムです。ブルースだけじゃなくもちろんR&RやR&Bのお手本といえる、ていうか元祖ですね。
キースやクラプトン、スティーブ・ジョーダンも参加してます。こういうノリがバンドで出せるようになりたいね〜!!今や誰もそんなことに価値を見出していないのか、それとも気づいていないのか?
三輪がシェイクスにいた頃は、8ビートと4ビートとシャッフルのノリの関係性についてよく話し合ってたもんだぜ。最近のバンドマンはそんなことどうでもいいのかな? シェイクスにとってはいまだに超重要問題です。なぁ、伴!!(黒水厚二)

Johnnie B. Bad / Johnnie Johnson
1johnnie_johnson.jpg
posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

HOOCHIE COOCHIE MAN

マッキンレー・モーガンフィールドことマディ・ウォーターズのナンバー。ブルースの超定番曲。黒猫、MOJO、Son of a gun・・・妖しく力強くマッチョなナンバー。僕もマディのように大きく温かくパワフルなものほんの男になりまっちょ。I'm a hoochie coochie man Everybody knows I'm him...(黒水伸一)

Best Of Muddy Waters +8 / Muddy Waters
01muddy.jpg
posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

快調リハ中

0220-2.jpg
posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

「BLUES 'N' SOUL」に向けて。

FRIDAY ON MY MINDの1回目をやってみて、個人的には思いのほか自分達の原点や立ち位置のようなものを見つめ直せたし再認識できた気がする。

第2回目はブルースやソウル、R&Bにスポットを当てる。ロックと言うのは非常に自意識の強い音楽でそれが時にToo Muchに感じられることもある。その点、ソウルミュージック、R&Bは人と人との絆、連帯感、家族愛、といった肯定的なバイブレーションを感じられるモノが多く、それが自分にはずっと魅力的だった。(「?」な人は映画「BLUES BROTHERS」を観て下さい)ブルースミュージックには「ちょっとやそっとでは崩れたりしないぞ」という力強さを感じる。そこにとても惹かれている。

自分達のロックンロールに、そういったブルースやソウルの持っている素晴らしい部分をより血肉化すること。それが僕のここ何年かのテーマのひとつです。
以前は、ブルースをプレイしてもどこか背伸びしている感じがしたものだけど、今はあまり気負うことなくプレイできるようになったかな。2月27日、楽しみにしていてください。

それから、皆にお願いがあるんだけど、ライブの予約はなるべく早めにもらえると助かります。いつもライブ前に送っている「シェイクスからのお知らせDM」を読んでから、なんて言ってないで、今すぐ予約しよう!(黒水伸一)

1shin2.jpg
posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

フェアウェル

デビューアルバムに入り損ねた曲のひとつ。
当時、カーティス・メイフィールド、スピナーズ、シャイライツなど'70年代ソウルに出会い、聞きまくっていた頃に生まれた曲。今回の企画を思いついた時に、久しぶりに取り上げようと真っ先に思った曲。これももちろんニューバージョンで演奏します。(黒水伸一)
posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

お前に逢いたい

僕はこの曲の歌詞、好きです。僕なりのブルースです。
しかも今回、いや今回も! ニューバージョンで演奏します。ほぼアドリブ、のパートもあるので4人の気持ち、技量、テンションが問われます。「お前に逢いたい」を新しい次元へ連れて行くことができるのか?! それは日本代表が世界のトップ4を狙うくらい果敢な挑戦。乞うご期待!(黒水伸一)
posted by THE SHAKES at 00:00| BLUES 'N' SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。